重箱 重詰め

重箱 重詰め

おせち料理といえば、艶やかに彩られたお重に詰められたものをまず思い浮かべます。おせち料理のお重は、4段重ねが正式な形のようです。四段とは四季を表し、四段目は四の字は「死」につながるため「与の重」と呼びます。5の重を加えることもありますが、五の重の中は空っぽで、これはまだまだ繁栄し富を蓄える余裕があることを意味しています。現代の一般家庭では略式の三段重多く使われているようです。

三段重の詰め方を紹介します。

おせちの壱の重は『口取りの重』とも呼ばれ、お屠蘇をいただくための食材、祝肴が詰められています。田作りや数の子、伊達巻、紅白かまぼこ、栗きんとん、黒豆などを詰めます。詰める料理品数は、縁起のいい奇数(5・7・9品)にします。(甘いものが多いようです。)

弐の重は『口代わり』とも呼ばれ、酢の物や焼き物を詰めます。海老の鬼殻焼きや焼き魚、紅白なます、酢レンコン、菊花かぶなどを詰めます。(正式には酢の物を詰めます)

参の重は煮物重です。筑前煮や野菜の煮しめ、くわいの煮物、竹の子の含め煮などを詰めます。おせちの由来は、季節の節目を祝っての料理です。こんなお重が始まりだったのかもしれません。

正式な五段重の詰め方は壱の重は祝肴(さかな) 、二の重は酢の物と口取り、三の重は焼き物、与の重、煮物、五の重 が控え(何も詰めないもの) となっています。

お重に詰めたおせち料理は、お屠蘇、祝い看、おせち料理、お雑煮の順に、目上の人が箸をとってからいただくのが正式のようです。(今は特に決まっていないようですが)