お雑煮

お雑煮

お正月に頂くおせち料理やお雑煮、お屠蘇は正月三日までの祝いの膳として新年の願いをこめた『ハレ』の食べ物です。その中のお雑煮は家族そろって新年の挨拶をした後、祝いの魚を頂き、おせち料理、お雑煮の順番で食べるようです。

お雑煮の歴史は室町時代、武士の宴会で一番初めに雑煮が振舞わていました。これは、本膳料理の前菜でお酒を飲む前に胃を安定させる働きがある煮物のことでした。その後、最初に食べる縁起のよい食べ物として、新年になると雑煮を食べるようになったといわれています。

おせち料理と一緒にお雑煮は、全国で様々な形で食べられています。東日本は焼いた角餅、西日本は焼かない丸餅を使います。丸餅は昔から「円満」の意味を持つ縁起を担いで食べられていました。一方、江戸では人口が多く手で丸める丸餅より早く、多く作れる角餅を使ったようです。

江戸風味のお雑煮は、鰹節と昆布でだしをとった醤油味のお汁に、焼き餅を加えたシンプルなお雑煮です。一方、豪雪地帯の新潟では、ハレのご馳走としてイクラがのせられ、具沢山です(ダイコン、ニンジン、サトイモ、ゴボウ、ほうれん草、長ネギ、コンニャク、焼き豆腐、塩ザケ、イクラなど10品)。長野では塩ぶりが主役、美味しいものを胡桃で表現する岩手ではクルミだれを、奈良では味噌仕立てのお雑煮のお餅に甘いきな粉を、出雲地方島根では小豆雑煮を食べます。地域によって、お雑煮は色々。その土地の文化の香りが漂うお椀の中。いつもと違ったお雑煮を作ってみるのもいいですね。