由来

由来

新しい年を向かえ、『おせち』料理を召し上がるという方も多いと思います。これはもともとは『節句料理』に由来します。この節句とは、『人日(じんじつ) 正月7日間』『上巳(じょうし/じょうみ)桃の節句 (3月3日)』『端午の節句(5月5日)』『七夕(7月7日)』『重陽(ちょうよう)の節句(9月9日今は廃れてしまいました)』のことをいいます。古代中国から伝わった暦の上での節目に当たります。そして、この季節の節目を祝って、祝いの料理が作られました。これが『御節料理』の由来です。

その中の正月が一番大切な節句であることから、このお正月料理の事を「おせち料理」と呼ぶようになったのが由来のようです。五穀豊穣、家内安全、健康成就、子孫繁栄などの新年の祈りを込めて、この料理をつくります。料理、一品一品縁起の良い名前が付いているのは、江戸時代の後半頃が由来と言われています。ですから、粋で洒落を好む江戸の文化が大変よく現れています。この料理を重箱に詰めるのは、正月のめでたさを「重ねる」という意味があります。田作り(たづくり)は豊作、数の子(かずのこ) は卵の数から子孫繁栄を願いました。この料理はこの重箱に詰められたものをさしています。入れ物にいたるまで縁起を担いでいるのには驚かされます。

また、正月にこの料理を食すのは、神様をお迎えしている間は忙しくせず、また、煮炊きをして火慎むため(火の神である荒神をおこらせないため)という由来とされています。実際は家の女も正月3日までは家事業を休むようにという意味合いの由来も強いようです。