意味と縁起

意味と縁起

昔の人たちはおせち料理に、色々な願いをこめて作りました。そして無病息災と子孫繁栄など多くの縁起を担いでいます。

『昆布巻』はその名から喜ぶ(よろこぶ→よろこんぶ)、巻は「結ぶ」を意味しています。

『田作り』はイワシが田んぼの肥料に使われたことから、豊作を祈願していますし『お多福豆』はその文字のとおり「福が多い」事を願います。『海老』はその曲がった腰を老人の姿に見立て、長寿を祈願しています。『里芋』は子芋がたくさんつくため、子宝に恵まれるように、『くわい』は芽が大きいことから「めでたい」→芽が出る→出世を祈願します。『れんこん』は沢山の穴に、見通しのよい一年になるという願いがこめられています。 その他、錦卵は財宝、くるみは「実り」と「家庭円満」、数の子、「子孫繁栄」鰤の焼き物 、出世魚から出世を祈りました。

もともと、おせち料理はお供物として神前に供えられていました。お正月に訪れる神様はその年1年を決めてしまう力があるため、丁寧におもてなしをする必要がありました。または、新年に入ってからの行動がその年1年を反映すると言われていました。そのためおせち料理は縁起を担ぎ、豪華にし「今年一年食べるものに苦労しませんように。」との願いがこめられているようです。また、平安貴族社会から始ったおせち料理が一般庶民に普及したのは江戸時代に入ってからのことです。そのため現代にも通じる、洒落や粋を好む庶民の文化が色濃く表れているのです。