おせち ランキング

お取り寄せおせち

忙しい日常から離れ、お正月ぐらいゆっくりと自宅で、贅沢したい!という方におすすめなのが『お取り寄せおせち料理』です。贅の限りを尽くしたおせち料理に舌鼓を打つこと間違いなしです。

お取り寄せ京風 おせち では、一の重 紅白京かまぼこ、鰆・はまぐり三種珍味 etc。二の重  黒豆、ごまめ、たたき牛蒡 かぶら巻etc。三の重 花百合根煮、新筍煮、ねじ梅、寒たら煮、昆布巻、堀川牛蒡など、伝統的な日本の おせちを上品に楽しむことができます。普段は食べられない有名料亭のおせち も簡単にお取り寄せできます。

洋食派の方には、オーガニック素材を使ったイタリアン おせち などもよいですね。鶉のコンフィ きのこのマリネ添え、海老と野菜のバーニャカウダソース、海栗(ウニ)とホウレン草のキッシュなどが贅沢に並び、弐の重ではパルマ産生ハムと短角牛、未来豚、鴨のテリーヌ、オーシャントラウトのスモーク、サルサベルデ添え、タラバガニのクレープ、栗とりんごのきんとん、参の重では天然ホタテのグリエ、タブナードソース、天然真鯛のグリエ、厚岸産牡蠣のスモークetc。レストランで食事をする感覚でおせち料理を食せます。フレンチ おせち や中華 おせち なども人気のある品です。

こういった高級おせち の購入は限定予約販売のことが多く、早めの注文がよいようです。おせち の価格は普段料亭やレストランで食すより、割り引かれているところが多いようです。ホテルや銘店や有名シェフの おせち の味を家族そろって食してみてはいかがでしょうか。

お取り寄せおせち みんなの購入事情

正月はやっぱり おせち料理。家庭のおせち もいいけれど、お取り寄せおせち も食べてみたい。そんな方もいらっしゃると思います。おせちの購入経験についてのアンケートでは全体の26.7%、約3割の方が「ある」と答えられています。金額は1〜3万円未満が最も多く、百貨店やデパート、スーパー、有名レストラン・料理店・料亭での購入が多く見られました。(マイボイスコム(株)より)

お取り寄せおせちは、百貨店やデパートなどのものは冷凍で配達される場合が多いようです。おせち が初めから盛り付けられていています。あとはおせちを解凍するだけなので、大変手軽にいただくことができるようです。ただし解凍後は賞味期限が短いため早めに食べきるようにしなければなりません。

そのほかには、個別真空パック包装のおせちの場合もあります。賞味期限が長く、慌てて食べる必要はありません。一品一品ずつ開封して おせちを盛り付けなければならないという特徴があります。

ホテルやレストラン、有名料理人などのお取り寄せおせちは、冷蔵で配達される場合が多いようです。出来立てのおせち の盛り付けまで料理人がかかわっているため、見栄えもよく普段では食べられないプロのおせちの味を家庭で食せるところが特徴です。だたし、数に限りがあり早めに注文予約をする必要があります。また、この おせち はあまり日持ちはしない特徴があります。

お取り寄せ おせちを注文したかたで、意外と多いミスが、「期待より量がすくなかった」ということのようです。お取り寄せしたい おせちが見つかったら、忘れずにカタログ等で料理の量を確認するとよいでしょう。

好き?嫌い?おせち料理ランキング

新しい気持ちで、お正月はおせち料理を食べます、というご家庭も多いと思います。おせち料理は伝統的に日本が頂いてきたお料理ではありますが、好きな品と嫌いな品は少なからずあるようです。

日本人の好きなおせち料理ランキングをみていると『栗きんとん、数の子、黒豆』が上位を占めているようです。お煮しめ、伊達巻がきん差で後に続いています。

逆に嫌いなおせち料理は、『紅白なます、数の子、昆布巻き』が上位、酢レンコン、田作り、黒豆が後を追うようです。(マイボイスコム(株)より)

嫌いなおせちナンバーワン『紅白なます』はなぜこんなに嫌われるのでしょうか。(紅白なますとは細く切った大根と人参を甘酢に漬け、ゆずの皮で風味をつけた料理です。大根と人参の色合いを縁起の良い紅白の水引に見立て、正月のおせち料理に出されるようになりました。)

なますの嫌いな人のコメントを見るとこのような答えが多くありました。「子どものときやたらと母が酢料理を出すのに不満を持っていた」「子どものころすっぱいのが苦手にもかかわらず「なますは残すな!」と言われた。」等。

いずれも子どものころ、すっぱいものを強制されたために『紅白なます嫌い』になったようです。

それでは、なぜ、子どもはすっぱいものが嫌いなのでしょうか。それは、子どもの持つ強い本能のためのようです。苦い物は毒物、酸っぱいものは腐っているものと判断してしまうのです。嫌いな おせち に紅白なますと同様に、酢レンコンも上位にランクしているのも同じ理由かもしれませんね。